2006年08月31日

バカイヌシ

 私たちは携帯メールをよく使います。LOVE定額なので使い放題なのがありがたい。私のメールは、ほとんど毎朝「おはよ!愛するユカリン」で始まる(テレテレ)。ほとんど中身のないものなのだけれど、今日も元気だよって、伝えるだけでいいのだと思っています。

 ユカリンからは、最近ルイタン(愛犬メス)の写真が送られてくるようになりました。
ruitan.jpg
この画像の著作権はユカリンにあります。

 私の実家では、昔からペットが住んでいました。犬や猫、金魚にメダカにコイにフナに熱帯魚、インコやカナリアやジュウシマツ、チャボやウズラ。私たちは生き物が大好きな環境で育ちました。母の実家では鶏や馬や牛、黒豚なども飼われていました。田舎の臭いが私は好きだったりします。だからユカリンがルイタンを可愛がるのもわかるし、ルイタンを抱っこしているときの彼女の表情も素敵だと思います。バカイヌシだという説もあるけれど、バカイヌシで何が悪いってなもんです。人に迷惑をかけていないのだから、バカイヌシを続けて欲しいと思っています。
posted by miotan at 22:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月30日

写真には人の関係が映り込む

060610-000147.jpg

 また顔を切ってしまって申し訳ないのですが、このカットは初めてユカリンをモデルとして撮ったとき(6月10日)のもので、知り合ってお互いを良く知らなかったためか、不安感があるためか、彼女が緊張しているのが伝わってきます。

 写真というものは、人と人の心の状態が写ってしまいます。このとき私はユカリンをひとつの被写体として構成しようとしていた。ユカリンもモデルを演じていた(はず)。

 ユカリンが好き好きビームを放つようになり、私も得体の知れないもの(なんじゃらほい?)を放出し始めたのは6月17日〜18日。以来、毎晩電話で話すようになりました。ナンジャラホイがより具体化される(バカップルの誕生?)のが同月24〜25日。このあたりから、彼女の表情が変わってきたのでした。

 以来、私が撮るユカリンは「私写真」ともいえるもので、おのろけ丸出しなのかもしれません。実際問題として公開することが恥ずかしかったりします。どのような形で公開することになるのかわかりませんが、ある程度撮り続けていけば形が見えてくるのかもしれません。
posted by miotan at 22:31| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

婚約してしまうと

IMG_3602.jpg

なんだか、安心してしまう。肩の荷が降りたという感じ。でも、これから物入りになる。新居に入る費用。引っ越し費用。今住んでいるマンションの補修費。冷蔵庫や洗濯機も年代物だし。。。いろいろな手続きもあるし、何かと忙しくなりそう。次の日曜日はユカリンの街へ行くことになるらしい。ま、何とかなるでしょ。わーい(嬉しい顔)
posted by miotan at 00:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月29日

これからのこと

060715-000969.jpg

 私はユカリンが得意な料理のことを聞いたことがなかった。「そうねぇ、和食系ね。魚を3枚に下ろせるし。」どうでもよいことのようで、生活するためには大切なことなんだよね。納豆が苦手という以外、好き嫌いはないようだ。私はカシューナッツで急性胃炎になるのだけれど、好き嫌いは皆無。どちらかと言うと淡白な薄味系が飽きなくて好き。

 冬は暖房が気になる。私は、こたつ猫なのだけれど、彼女の愛犬「ルイタン」も同居するとなると石油ストーブ系は危ないかな。寒いときは服を着れば良いとユカリンはいうけれど私は服を着ない方が好き(笑)。

 この調子で書いていくとのろけログになっちゃうよね。とっくになってる?
posted by miotan at 02:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月27日

英彦山へ

060827-001633.jpg
 婚約の夜、改めて私たちは見つめあって言った。「僕たち結婚しよう」「先生は馬鹿だよ。わかってる?」「馬鹿でいいよ」「うん」

 翌日、ユカリンは田川の方へ行きたいと言う。なら、添田の方へ行こうとクルマを走らせた。
続きを読む
posted by miotan at 21:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月26日

僕たちケシコソしよう!

060827-001533.jpg

 8月26日。引っ越し準備のため倉庫(シャッター付きのガレージ)の整理をしていたら、ユカリンから電話があった。今から私のところに来ると言う。

 17時過ぎ、小倉駅のコクミンドラッグ前でユカリンと再会。またにっこりと笑みをたたえて好き好きビーム!「どこへ行きたい?」「門司港レトロがいいな」クルマを門司港の上屋前に駐車してレトロ地区へ。「あの日、私がふくれ面をしたとき、先生は『フグは釣り針を切る歯を持っているし毒もあるけれど可愛くて美味しい』っていったよね。あのとき口説かれたと思ったよ。」「そうだったっけ。確かにフグの話をしたけれど、口説いているつもりはなかったよ。」「あなたは、知らないうちに口説いていたんだよ。」あの日のことがなければ、ユカリンからプロぽーずされることはなかったわけで。。。二人で、2ヶ月前のことを思い出していたりした。

続きを読む
posted by miotan at 21:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月25日

はかなくも美しく燃え

060820-001527.jpg


 ユカリンは初めて会ったときに比べるとずいぶん元気になった。頬も少しふっくらしてきた。しかし、昨日病院で処方された薬の量が増えたそうだ。時間を掛けてゆっくり治して欲しい。

 上の写真は、8月20日の別れ際、Chuをして改札の向こうへ。また1週間かぁふらふら

 私たちは「はかなくも美しく燃え」るのだ。って、「はかなし」は「馬鹿」の語源だという説もある。「とるに足りない、愚かだ、惨めだ、みっともない」という意味もあるけれど、「果(はか)無し」は「実態がない」とか「空虚だ」とかの意味の方があっている? 前者だとバカップル丸出しで、後者だとNHK「太平記」のテーマ曲?言葉の意味を考えるとだんだんわからなくなってくる。

 一方で「短くも美しく燃え」という映画もあった。軍人と踊り子が恋に墜ちて逃走する物語。こちらは限りなく美しいお話ですが、「短くも美しく萌え」となるとアキバ系。短めのメイド服とオーバーニーソックスに酔いしれるおじさんたち。大脱線だね。(爆)。


続きを読む
posted by miotan at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月24日

「The Art of Loving」

 長い間、浮いた話のない生活を送ってきましたが、私も若かった頃は人並みに人を好きになったりしておりました。予備校の先生(当時東京工業大学教授の松山正男先生)が、教材としてエリック・フロムの「The Art of Loving」を使用してくれたのが、フロムを知るきっかけとなりました。フロムはフロイド系の心理学者で「禅と精神分析」を鈴木大拙と共著している人でもあり、「The Art of Loving」は欧米でベストセラーのひとつだったと記憶しています。与える愛、奪う愛、無償の愛、父の愛、神の愛、等々いろいろな愛のありかたを示しています。「もしもあなたが人から愛されないならば、それはあなたに人を愛する能力が欠けているからだ」という言葉は、今でも覚えています。「愛されることしか求めない人は決して人から愛されることはない」とも述べ、ギブアンドテイクや等価交換(市場原理)を超えたところに「愛」があるのだと説いています。

 原書で読んで欲しいのですが、アマゾンでは販売されていないようで残念ですね。

愛するということ愛するということ
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] 愛するということ
[著者] エーリッヒ・フロムErich Fromm
[種類] 単行本
[発売日] 1991-03
[出版社] 紀伊國屋書店

>>Seesaa ショッピングで買う
posted by miotan at 00:36| Comment(0) | TrackBack(1) | BOOKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月23日

遠距離恋愛

P7020089_1.jpg


 私たちは遠くに住んでいるので、週末しか会うことができません。で、毎晩長電話となるのですが、「あいたいよぉ」とせがまれることが多くなります。そりゃ、私だって会いたいけれど、仕事をさぼるわけにもいかないし。。。

続きを読む
posted by miotan at 23:09| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月20日

コンニャク破棄するよ

060820-000491.jpg


 8月20日。朝、メールを出しても到着したという通知が来ない。電話をかけても「スイッチを切っているか電波が届かなない」という。何があったのだろう。ユカリンは消えたのではないかと不安がよぎる。とにかく、いつもの朝一番の到着時間に駅で待つ。彼女はいつもどおり下りのエスカレータで降りてきた。ホッとした。携帯がフリーズしていたらしい。わーい(嬉しい顔)
続きを読む
posted by miotan at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月18日

糸吉女昏の条件

 タイトルはまたしてもコンニャク語で済みません。検索にはかからないけれどちゃんと読めるでしょ。

 今夜、博多のある糸吉女昏斡旋会社から電話があった。「4年前にお話を伺った某社です。6月に再度ご案内をお送りしましたが、その後ご検討していただけましたでしょうか?」中年女性の落ち着いた語り口だった。「実は、現在コンニャクしている女性がいます。」「それは私どもも嬉しゅうございます。おめでとうございます。ありがとうございました。」となりました。

 私の経歴は、このような会社にとっては美味しいのかもしれません。経歴や肩書きや年収といったことが商材となるのはわかるけれど、またこの会社はコンピュータを使った紹介システムではないことも評価できるのだけれど、人を選ぶ(おこがましい表現ですみません)条件としてはこれらの要素はそれほど大切ではないと思いますし、それよりこの会社は私の経歴の一部をこっそり調べていたことに不快感を覚えたために、4年前、この会社とは取引をしませんでした。

 一時の熱情のようなもので、これからの人生を共有できるものでもないけれど、全てを計算しきれるものでもない。打算で人は生きて行けるものではないし、人はそれほど合理的な存在でもないでしょう。

 今日の電話でユカリンに「あなたのために生命保険の内容を充実させることを考えていたよ。」と話すと「そう、それよりあと50年生きて。一緒に老人になろうよ」と言ってくれた。最高に嬉しかった。
posted by miotan at 22:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月16日

変な子、ユカリン

060715-001112.jpg
湯布院ロケ(7月15日〜)のショットから ユカリン


 ユカリンは「あばたもエクボ症候群」でなくても可愛らしい子だけれど、ネット上に顔を出すのは、本人のプライバシーでもあり、私としても恥ずかしさもあり、私だけに見せた表情を独占したいということもあり(ここまで来るとただのエゴなんですが)遠慮させていただいています。

 8月13日「ユカリンとのデート」の「フレンチ・キッス」は、ユカリンが「恥ずかしいよぅ」と申しますので「1秒間の窒息」と訂正いたしました。わかる人にはわかりますけれどもね。私たちは、恥ずかしいことを話す(書く)ときに「コンニャク語」を用いてきましたし、これからもそうするでしょう。「窒息」よりも「挨拶」とした方がよかったかな。(笑)どちらにしても私たちは耳の後ろが赤く染まっちゃうのですけれどもね。

 それにしても「私を飼い殺して」とか「ユカリンという名前の猫を飼いませんか?」とか、口癖になっています。。もちろん彼女流の照れ隠しなんだけれども。変な子です。
posted by miotan at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月15日

ついにコンニャク届けを出す

060813-001344.jpg
8月13日のユカリン


 昨日、ユカリンにせがまれてコンニャク届けの用紙を区役所でどっさりもらってきました。コンニャクを届けるというのが凄いのだけれど、不動産の仮登記に相当するもののようで、この届けをしておけば彼または彼女と優先的に混印できるという制度のようです(本当かよ(笑))。

続きを読む
posted by miotan at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月13日

ユカリンとのデート

060813-001234.jpg


 一週間ぶりに会うユカリンはだんだん元気になっているのがわかる。日差しは強く、実気温36度なので、どこに行こうかと迷っていたのだけれど、ユカリンは海に行きたいと言う。福岡でもっともきれいな海岸のひとつへ行ってみた。

 デートなのか撮影ロケなのか、はっきりしないまま現場へ出かけるので、帽子は米軍用のもの、バスタオルはオランダの軍用という私が森に入るときのものを使用した。ご覧のとおりちぐはぐだけれど、気にしないのがバカップル流(笑)。

続きを読む
posted by miotan at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月12日

コメント書いたよ

060805_3638.jpg


 夕方、ユカリンから電話があった。「コメント書いたよ。コンニャクしましたって。」マジかよと思いつつ、まぁいいかとも思った。どうせ煮込みコンニャクなんだし。。。

 ユカリンと出会ったために変わったことがある。
1.毎週、爪をつむようになった。とくに右手は丁寧に。
2.携帯電話をほとんど携帯するようになった。
3.携帯電話を毎日充電するようになった。
4.パンツを選んで履くようになった。
5.携帯メールを少し早く打てるようになった。
6.休日の朝、お風呂に入るようになった。

もっとあるのですが、ヤバいのでやめておきます。(笑)
posted by miotan at 20:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月11日

来年、私たち...

060805_3635.jpg


 8月11日。私の携帯もLOVE定額が適用になるので、帰宅後早速電話を掛けた。しかし、ずっと話し中。ユカリンも私宛にコール中だったのだ。つながるまで30分くらいかかったかな(笑)。

 「ブログ見たよ」って切り出されるとドキッとする。まずいことを書いたかな?なんてね。あとでこっそり修正したりする。今日も「ブログ見たよ。(耳を引っ張ったのは)本当に間違えたことをコメントに書こう」としたらしい。そんなに心配しなくてよいよ。ちゃんとするから>ユカリン。

続きを読む
posted by miotan at 23:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月10日

コンニャク定食

060729-003300.jpg


 8月7日だった。「実はコンニャク定食を食べませんか?というメールを書きかけているのだけれど....モバQ」「そのメール頂戴!揺れるハート」いずれ食べるのだろうなぁと思っていたし、急がなくても良いと思ってもいた。でもご両親も安心されるかなぁということも考え、メールを送った。

そのメールには返事の方法が指定されていた。
●の場合、鼻をつまむ
×の場合、耳を引っ張る




続きを読む
posted by miotan at 23:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月09日

他人の恋路は...

「他人の恋路は犬も食わん?」ではなくて、犬が食べないのは夫婦喧嘩ですね(笑)。ならば、「他人の恋路は猫も食わん」ではいかがでしょ。「能ある豚はヘソ隠す」といいますし(本当かしら?)....テレテレ(笑)。

前置き(になっていないか?)はこれくらいにして。バカップルの話なんか誰も面白いとは思わないだろうと重々承知の上でこのブログを書いております。パソコン通信の頃から交遊のある方々は、私が浮いた話をネット上に書いたことがないことを知っておられて、いろいろとご心配をいただいております。また登場人物の関係者にもご心配をおかけしております。というわけで、主に経過報告という趣旨で綴っております。

ただネットの性質上、プライバシーを考慮して、核心の一部を書くことができません。わかる人だけにわかるという部分もあるかと思いますが、おちゃらけ日記程度にご覧いただければと考えております。
posted by miotan at 02:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己紹介や用語集等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月08日

この日、あなたが誘惑したんだよ。

060805_3470.jpg


「ブログ見たよ。もう馬鹿じゃない?って感じだね。恥ずかしいよ。」
「ブログっておちゃらけているくらいでちょうどいいんだよ。マジで書いても面白くないでしょ。」
「好き好き音波って、6月24日からだっけ?」
「うん、それまでは言わなかったよ。この日、あなたが誘惑したんだよ。」
「でも、それまでにあなたも発信していたよ。」
「そうかもしれない。オーラと言うか、好き好き電波と言うか?・・・」
「うん、フェロモンがプンプンしていたよ。どちらが悪いということじゃないでしょ。両方とも責任があるんだよ。」

・・・8月8日の電話より(要約:抜粋)続きを読む
posted by miotan at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月07日

海岸にて

060805-003766.jpg


 8月6日、海岸にて。好き好きビームを見る
posted by miotan at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。