2006年08月30日

写真には人の関係が映り込む

060610-000147.jpg

 また顔を切ってしまって申し訳ないのですが、このカットは初めてユカリンをモデルとして撮ったとき(6月10日)のもので、知り合ってお互いを良く知らなかったためか、不安感があるためか、彼女が緊張しているのが伝わってきます。

 写真というものは、人と人の心の状態が写ってしまいます。このとき私はユカリンをひとつの被写体として構成しようとしていた。ユカリンもモデルを演じていた(はず)。

 ユカリンが好き好きビームを放つようになり、私も得体の知れないもの(なんじゃらほい?)を放出し始めたのは6月17日〜18日。以来、毎晩電話で話すようになりました。ナンジャラホイがより具体化される(バカップルの誕生?)のが同月24〜25日。このあたりから、彼女の表情が変わってきたのでした。

 以来、私が撮るユカリンは「私写真」ともいえるもので、おのろけ丸出しなのかもしれません。実際問題として公開することが恥ずかしかったりします。どのような形で公開することになるのかわかりませんが、ある程度撮り続けていけば形が見えてくるのかもしれません。
posted by miotan at 22:31| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

婚約してしまうと

IMG_3602.jpg

なんだか、安心してしまう。肩の荷が降りたという感じ。でも、これから物入りになる。新居に入る費用。引っ越し費用。今住んでいるマンションの補修費。冷蔵庫や洗濯機も年代物だし。。。いろいろな手続きもあるし、何かと忙しくなりそう。次の日曜日はユカリンの街へ行くことになるらしい。ま、何とかなるでしょ。わーい(嬉しい顔)
posted by miotan at 00:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。