2006年08月27日

英彦山へ

060827-001633.jpg
 婚約の夜、改めて私たちは見つめあって言った。「僕たち結婚しよう」「先生は馬鹿だよ。わかってる?」「馬鹿でいいよ」「うん」

 翌日、ユカリンは田川の方へ行きたいと言う。なら、添田の方へ行こうとクルマを走らせた。
060827-001695.jpg

 英彦山の周辺部は私が最初に森を撮り始めた場所のひとつ。最初の森のnudes作品や川で撮ったnudesもここだった。そのときのモデルさんが、「雑木林の方が森らしくてよい」というので、由布岳や久住山系の方にロケ地を変更した。英彦山は不快害虫も多いしマムシに出会う確率も高いので、私は大分の方まで撮影に行くことが増えたのだった。そのことをユカリンに話すと「それらの場所全部に行ってみたい。そして同じように撮って欲しい」と言う。

 英彦山の近くの道の駅で美味しいものを買ったり、足湯に浸かったり、ケーキを食べたり。普通にバカップル。私がたまに行く英彦山周辺の撮影スポットを案内したり。とにかく結婚に向かって私たちは歩むことになった。

------追記-------
ユカリンの指導により、「ケシコソ」を「結婚」、「コンニャク」を「婚約」と訂正いたしました。
posted by miotan at 21:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
英彦山の頂上の喫茶店,ヒメシャラはまだあるかな。
Posted by complex_cat at 2006年09月14日 10:08
山頂には行ったことがなくて、調べてみないとわからないですね。久住も登山したのは高校時代のみで、いつかちゃんと登ってみたいとは思うのですけれど、つい横の森の方に入ってしまいます。
Posted by miotan at 2006年09月14日 23:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。