2006年09月12日

台風サンサン

060909-004087.jpg

 次の連休は鹿児島へ行く予定なのだけれど台風13号サンサンが接近中ですね。国内の気象情報では西へ向かっているようですが、米海軍の台風注意センター(直訳)では14日あたりで東へターンし始め16日お昼あたりから危なくなりそうな気配です。米軍の予報は外れるリスクを考慮していないので、時々外れますが、マメに軌道修正されていますので、私なんかにとっては貴重な情報源です。

 浮いた話でも何でもないのですが、私たちにとっては重大事なんです。台風が逃げますように、清く正しく美しく暮らしましょうね。
posted by miotan at 00:46| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月10日

お父さん似

IMG_3481.jpg

 ユカリンは女の子いっぱいの末っ子。だけれど彼女だけがお父様に似ていて、お姉さんたちはお母様に似た丸顔なのだそうです。で、ご両親と初対面のときにマジマジと観察してまいりました。耳の形もお父様とそっくり、おでこの感じも。お父様はよく谷村新司(フォーク歌手)に似ていると言われるとか。わかる気がします。(笑)

 今日は、倉庫の整理と鹿児島ツアー(ユカリンと私の親とのご面談)の準備をして爆睡コイておりました。
posted by miotan at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ご対面の日

060909-004045.jpg

 9月9日、朝9:16の新幹線でユカリンの街へ。大雨や小雨の1日だったけれどご両親との面会は夕方の予定だったので、川や海岸などでデート。彼女は、落ち着いた服装で、なんだか年相応の雰囲気でした。

060909_102338.jpg

 これは「カキーン最中」と私たちが呼んでいるもので、夏の暑い日に食べたら前頭部がカキーンとなります。私がカキーンとなっているとき「急いで食べるからだよ」とユカリンは笑っていたけれど、彼女も食べたらカキーンとなった想い出の最中なんです。

 ご両親に会うことを考えると緊張してしまうので、気分転換に食べてみたのですが、今回はカキーンとはならず、ちょっと残念。ユカリンはカキーンにハマっておりました(笑)。

続きを読む
posted by miotan at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月08日

知り合ってから...

060729-001408.jpg

 3ヶ月になる。モデルとカメラマンとしての関係を超えるとは思いもしなかった。毎週彼女を撮っている。毎日電話をかけ、メールしている。気がつけば婚約していた。ご両親の了解を得るのはこれからだけれど。彼女を育ててくれたご両親に多謝。明日、ユカリンの街へ伺います。続きを読む
posted by miotan at 22:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月07日

ユカリンの母上と初電話

06090102-002031.jpg
アフリカン・サファリにて


 私はユカリンのご両親に会ったことがありません。早くご挨拶をしなければと思いつつ、諸々の事情もあって、それらは決してやましいことではないのですけれども、先延ばしになっておりました。しかし、いくら何でも私の両親にユカリンを会わせる前にご挨拶に伺うのが筋というものでしょう。

 それをユカリンに話したら、「じゃぁ、お母さんに伝えるね。まず、(電話で)お母さんと話して欲しいなぁ」ということで、母上様と電話で初会話。

 緊張しました。「こんな子でいいんですか?」「十分だと思っております。」詳細はユカリンが母上に伝えているはず。というわけで、次の週末はご両親とご対面!ということになりました。無茶苦茶緊張しています。(笑)
posted by miotan at 20:58| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ルイタン

0609061736.jpg
この画像の著作権はユカリンにあります。


 ユカリンから時々愛犬ルイタンの写真が届く。今日はトリミングをしたそうで、ご覧のとおり生きてる縫いぐるみ状態。可愛いけれど6k円なりがく〜(落胆した顔)。ルイタンはユカリンと一緒にmiotanの家族になる予定らしいのだけれど、毎月トリミングは無理かなぁと思ったりした。

昨日のルイタン
posted by miotan at 00:01| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月03日

動物園にて

06090102-002033.jpg

 9月2日、自然動物園ではカンガルーが、ご覧のとおり恥ずかしい格好をしていました。「・・・・みたいだね(笑)」「えっ、なんて言ったの?」「ルイタンだよ」動物も人に飼われるようになると、無防備になるものですね。続きを読む
posted by miotan at 22:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私の好きな森

 9月2日。私は今までに何度も行った久住の森にユカリンを連れて行った。なぜか人が少なかったのだけれど、この森で人と出会ったことはほとんどない。この森はほとんど落葉樹なので、紅葉の季節になると全面が朱色に染まるのだけれれど、その季節だけ紅葉カメラマンに出会うことがまれにある。森のなかは光量が少ないため、ブレ写真を量産しやすいのだけれど、ほとんど手持ちで撮っていた。彼女は川にも浸かってポーズ。いつもハラハラする。

 今回初めてアフリカンサファリへも行ってみた。大分県の自然動物園。結構楽しかった。動物が好きな彼女、本当に楽しそうだった。
06090102-002041.jpg

続きを読む
posted by miotan at 01:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月01日

突然に

06090102-001852.jpg

9月1日。お昼、ユカリンから「今から小倉に行く」と電話があった。「用事があるなら野宿する」と言う。結局彼女は自宅の軽自動車に乗ってやってきた。「よく来たね」と言いたかったけれど、無茶しないで欲しいとも思った。「野宿するくらいなら久住へ行こう」と私は彼女を自分のクルマに乗せて大分へ向かった。
posted by miotan at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

どうやって騙したの?


060813-001483.jpg

 ユカリンと私は歳が凄く離れています。私たちが結婚すると言えば「どうやって騙したの?」「お前、騙されてるんじゃないの?だって、あり得ないだろ。」という声も聞こえてきそうなくらい(笑)。でも、6月25日のユカリンを私は信じたいと思います。というわけでネット上とごく一部の友人にしか婚約発表していないのですが、近く発表することになるでしょう。

続きを読む
posted by miotan at 01:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月31日

バカイヌシ

 私たちは携帯メールをよく使います。LOVE定額なので使い放題なのがありがたい。私のメールは、ほとんど毎朝「おはよ!愛するユカリン」で始まる(テレテレ)。ほとんど中身のないものなのだけれど、今日も元気だよって、伝えるだけでいいのだと思っています。

 ユカリンからは、最近ルイタン(愛犬メス)の写真が送られてくるようになりました。
ruitan.jpg
この画像の著作権はユカリンにあります。

 私の実家では、昔からペットが住んでいました。犬や猫、金魚にメダカにコイにフナに熱帯魚、インコやカナリアやジュウシマツ、チャボやウズラ。私たちは生き物が大好きな環境で育ちました。母の実家では鶏や馬や牛、黒豚なども飼われていました。田舎の臭いが私は好きだったりします。だからユカリンがルイタンを可愛がるのもわかるし、ルイタンを抱っこしているときの彼女の表情も素敵だと思います。バカイヌシだという説もあるけれど、バカイヌシで何が悪いってなもんです。人に迷惑をかけていないのだから、バカイヌシを続けて欲しいと思っています。
posted by miotan at 22:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月30日

写真には人の関係が映り込む

060610-000147.jpg

 また顔を切ってしまって申し訳ないのですが、このカットは初めてユカリンをモデルとして撮ったとき(6月10日)のもので、知り合ってお互いを良く知らなかったためか、不安感があるためか、彼女が緊張しているのが伝わってきます。

 写真というものは、人と人の心の状態が写ってしまいます。このとき私はユカリンをひとつの被写体として構成しようとしていた。ユカリンもモデルを演じていた(はず)。

 ユカリンが好き好きビームを放つようになり、私も得体の知れないもの(なんじゃらほい?)を放出し始めたのは6月17日〜18日。以来、毎晩電話で話すようになりました。ナンジャラホイがより具体化される(バカップルの誕生?)のが同月24〜25日。このあたりから、彼女の表情が変わってきたのでした。

 以来、私が撮るユカリンは「私写真」ともいえるもので、おのろけ丸出しなのかもしれません。実際問題として公開することが恥ずかしかったりします。どのような形で公開することになるのかわかりませんが、ある程度撮り続けていけば形が見えてくるのかもしれません。
posted by miotan at 22:31| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

婚約してしまうと

IMG_3602.jpg

なんだか、安心してしまう。肩の荷が降りたという感じ。でも、これから物入りになる。新居に入る費用。引っ越し費用。今住んでいるマンションの補修費。冷蔵庫や洗濯機も年代物だし。。。いろいろな手続きもあるし、何かと忙しくなりそう。次の日曜日はユカリンの街へ行くことになるらしい。ま、何とかなるでしょ。わーい(嬉しい顔)
posted by miotan at 00:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月29日

これからのこと

060715-000969.jpg

 私はユカリンが得意な料理のことを聞いたことがなかった。「そうねぇ、和食系ね。魚を3枚に下ろせるし。」どうでもよいことのようで、生活するためには大切なことなんだよね。納豆が苦手という以外、好き嫌いはないようだ。私はカシューナッツで急性胃炎になるのだけれど、好き嫌いは皆無。どちらかと言うと淡白な薄味系が飽きなくて好き。

 冬は暖房が気になる。私は、こたつ猫なのだけれど、彼女の愛犬「ルイタン」も同居するとなると石油ストーブ系は危ないかな。寒いときは服を着れば良いとユカリンはいうけれど私は服を着ない方が好き(笑)。

 この調子で書いていくとのろけログになっちゃうよね。とっくになってる?
posted by miotan at 02:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月27日

英彦山へ

060827-001633.jpg
 婚約の夜、改めて私たちは見つめあって言った。「僕たち結婚しよう」「先生は馬鹿だよ。わかってる?」「馬鹿でいいよ」「うん」

 翌日、ユカリンは田川の方へ行きたいと言う。なら、添田の方へ行こうとクルマを走らせた。
続きを読む
posted by miotan at 21:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月26日

僕たちケシコソしよう!

060827-001533.jpg

 8月26日。引っ越し準備のため倉庫(シャッター付きのガレージ)の整理をしていたら、ユカリンから電話があった。今から私のところに来ると言う。

 17時過ぎ、小倉駅のコクミンドラッグ前でユカリンと再会。またにっこりと笑みをたたえて好き好きビーム!「どこへ行きたい?」「門司港レトロがいいな」クルマを門司港の上屋前に駐車してレトロ地区へ。「あの日、私がふくれ面をしたとき、先生は『フグは釣り針を切る歯を持っているし毒もあるけれど可愛くて美味しい』っていったよね。あのとき口説かれたと思ったよ。」「そうだったっけ。確かにフグの話をしたけれど、口説いているつもりはなかったよ。」「あなたは、知らないうちに口説いていたんだよ。」あの日のことがなければ、ユカリンからプロぽーずされることはなかったわけで。。。二人で、2ヶ月前のことを思い出していたりした。

続きを読む
posted by miotan at 21:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月25日

はかなくも美しく燃え

060820-001527.jpg


 ユカリンは初めて会ったときに比べるとずいぶん元気になった。頬も少しふっくらしてきた。しかし、昨日病院で処方された薬の量が増えたそうだ。時間を掛けてゆっくり治して欲しい。

 上の写真は、8月20日の別れ際、Chuをして改札の向こうへ。また1週間かぁふらふら

 私たちは「はかなくも美しく燃え」るのだ。って、「はかなし」は「馬鹿」の語源だという説もある。「とるに足りない、愚かだ、惨めだ、みっともない」という意味もあるけれど、「果(はか)無し」は「実態がない」とか「空虚だ」とかの意味の方があっている? 前者だとバカップル丸出しで、後者だとNHK「太平記」のテーマ曲?言葉の意味を考えるとだんだんわからなくなってくる。

 一方で「短くも美しく燃え」という映画もあった。軍人と踊り子が恋に墜ちて逃走する物語。こちらは限りなく美しいお話ですが、「短くも美しく萌え」となるとアキバ系。短めのメイド服とオーバーニーソックスに酔いしれるおじさんたち。大脱線だね。(爆)。


続きを読む
posted by miotan at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月24日

「The Art of Loving」

 長い間、浮いた話のない生活を送ってきましたが、私も若かった頃は人並みに人を好きになったりしておりました。予備校の先生(当時東京工業大学教授の松山正男先生)が、教材としてエリック・フロムの「The Art of Loving」を使用してくれたのが、フロムを知るきっかけとなりました。フロムはフロイド系の心理学者で「禅と精神分析」を鈴木大拙と共著している人でもあり、「The Art of Loving」は欧米でベストセラーのひとつだったと記憶しています。与える愛、奪う愛、無償の愛、父の愛、神の愛、等々いろいろな愛のありかたを示しています。「もしもあなたが人から愛されないならば、それはあなたに人を愛する能力が欠けているからだ」という言葉は、今でも覚えています。「愛されることしか求めない人は決して人から愛されることはない」とも述べ、ギブアンドテイクや等価交換(市場原理)を超えたところに「愛」があるのだと説いています。

 原書で読んで欲しいのですが、アマゾンでは販売されていないようで残念ですね。

愛するということ愛するということ
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] 愛するということ
[著者] エーリッヒ・フロムErich Fromm
[種類] 単行本
[発売日] 1991-03
[出版社] 紀伊國屋書店

>>Seesaa ショッピングで買う
posted by miotan at 00:36| Comment(0) | TrackBack(1) | BOOKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月23日

遠距離恋愛

P7020089_1.jpg


 私たちは遠くに住んでいるので、週末しか会うことができません。で、毎晩長電話となるのですが、「あいたいよぉ」とせがまれることが多くなります。そりゃ、私だって会いたいけれど、仕事をさぼるわけにもいかないし。。。

続きを読む
posted by miotan at 23:09| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月20日

コンニャク破棄するよ

060820-000491.jpg


 8月20日。朝、メールを出しても到着したという通知が来ない。電話をかけても「スイッチを切っているか電波が届かなない」という。何があったのだろう。ユカリンは消えたのではないかと不安がよぎる。とにかく、いつもの朝一番の到着時間に駅で待つ。彼女はいつもどおり下りのエスカレータで降りてきた。ホッとした。携帯がフリーズしていたらしい。わーい(嬉しい顔)
続きを読む
posted by miotan at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。